¥10,000(税別)以上送料無料
Airrinum 日本公式ストア

URBAN AIR MASK 2.0

9件の商品がございます。
販売価格: ¥ 8,800 円(税込)
販売価格: ¥ 7,920 円(税込)
販売価格: ¥ 7,920 円(税込)
販売価格: ¥ 7,920 円(税込)
販売価格: ¥ 3,080 円(税込)
販売価格: ¥ 165 円(税込)
  • SOLDOUT
販売価格: ¥ 10,120 円(税込)

URBAN AIR MASK 2.0アーバンエアーマスク 2.0

高機能と快適性を追及した
プレミアムモデル

花粉やほこり、PM2.5を99%カット。通勤や出張など密な空間での着用に最適なプレミアムモデル。フィット感に優れ長時間の着用でもストレスを軽減。フィルター交換で何回も使用できる次世代型マスクです。

  • 花粉、PM2.5を99%カットする5層フィルター

    密度の異なる5層のフィルターを重ね、異なるサイズの粒子をカットすることを可能にした独自の高性能フィルター、オプティマル(OPTIMAL)フィルターを採用。

    < エリナムの 5層構造オプティマル フィルター>

    ①PP層外層 - 耐久性に優れたフィルター
    ②活性炭素層 - 空気をろ過し臭いを抑える
    ③第1帯電層 - PM10、ほこり、花粉、その他アレルギー物質などを除去
    ④第2帯電層 - PM2.5や細菌、その他の小さな汚染物質などを除去
    ⑤PP層内層 - 滑らかで肌に優しい仕上がり

  • 国営研究機関で科学的に実証された効果

    エリナムのマスクやフィルター技術は、スウェーデンの国営研究機関 RISE でテストされ、その効果が科学的に証明されています。また、VFE(ウイルスろ過効率)、BFE(バクテリアろ過効率)試験では、99%以上と合格基準を大きく上回る結果が出ています。

    ※各種試験結果などの科学的に立証されたデータは、Q&Aをご覧ください。

  • ※μm(マイクロメートル)はmm(ミリメートル)の1000分の1です。

  • 高性能を生み出す快適フィット

    空気がフィルターのみを通過するよう、マスク周りを密閉する必要があります。エリナムのマスクは、調整可能な機能でほとんどの顔の形に完璧にフィットするように設計されています。

    ・調整可能なイヤーループ
    ・調整可能なヘッドストラップ。耳への負担を軽減します。
    ・4サイズ展開:子供から大人まで。サイズを選べます。

  • 空気漏れを抑える形状記憶フィット

    マスクのフィット感をさらに向上させ、周りから空気が入らないようにするために、各フィルターには3D形状記憶ノーズフォームと調整可能なノーズクリップが装備されており、顔の形に関係なくマスクの空気漏れを最小限に抑え、眼鏡を曇りにくくします。

  • デュアルバルブによるスムーズな換気

    マスクの2つの呼気バルブは換気システムとして機能し、スムーズな空気の流れを作ることにより、湿気を軽減し、息苦しさを軽減し呼吸を快適にします。バルブは、吐き出された空気のみを送り出すように設計されており、フィルターされていない空気が侵入することはありません。

  • 汗をたっぷりかいても、嫌なニオイがしにくい

    マスク本体には、スウェーデンで生まれた抗菌防臭加工技術、Polygiene BioStatic(ポリジン・バイオスタティック)加工を採用。環境にも人体にもやさしい銀イオン(Ag+)の効果でニオイの原因となる細菌の繁殖を防ぎます。繊維そのものに加工を施しているため、洗濯をしても効果は損なわれず、長年にわたって持続します。本体は手洗いのみで、繰り返し衛生的にお使いいただけます。

    ポリジン・バイオスタティックの詳細はこちら>>

なぜ高機能マスクが必要なのか?

Q & A

  • URBAN AIR MASK 2.0 と LITE AIR MASKの違いは何ですか?
  • URBAN AIR MASK 2.0は、通勤や出張など気になる場面でお使いいただきたい高スペックのプレミアムモデル。LITE AIR MASKは軽い着け心地にシンプルなデザインで、接客業や女性、アウトドアでの使用におすすめなエントリーモデルです。

    詳しくは、比較表を参照ください。



  • 【オプティマル フィルター】の科学的に証明されているデータはありますか?
  • アーバンエアーマスク2.0、ライトエアーマスクに使用されている5層構造の高機能フィルター、オプティマル(OPTIMAL)フィルターは、スウェーデン国営研究機関、RISEで試験され、以下のようなテスト結果が発表されています。
    1.圧力損失と保護(ろ過)効率試験:
    人が通常呼吸する際の空気流に近い数値である気流レベル1.03 l/sと、安全測定としてその約2倍の気流レベルの2.05 l/s下で、フィルターの圧力損失と保護(ろ過)効率を測定しました。その結果、1.03 l/sの気流レベルでは、0.6-0.75μmまでの粒子に対して100%の保護率を、0.1-0.12μmサイズでも97.0%の保護率を示しました。また、約2倍の気流レベル2.05 l/s下では、1.00-1.50μmまでの粒子に対して100%の保護率を、0.1-0.12μmサイズでは93.9%の保護率を示す結果となりました。

    ※参考の粒子サイズ(μm(マイクロメートル)はmm(ミリメートル)の1000分の1です。)
    花粉40-30μm、PM2.5 2.5μm、VFEウィルスろ過効率 0.1~5μm、PFE微粒子ろ過効率 0.1μm)

    試験結果の詳細データはこちら>>

    2.VFE ウイルスろ過効率試験 :VFE:Viral Filtration Efficiency
    米国材料試験協会規格 ASTM F 2101に規定されたテスト手順で、5層構造のエリナム独自のオプティマル(OPTIMAL)フィルターにVFE(ウイルスろ過効率)試験を実施。平均値 99.9%の結果がでました。
    試験結果の詳細データはこちら>>

    3.BFE バクテリア(細菌)ろ過効率試験:BFE : Bacterial Filtration Efficiency
    米国材料試験協会規格 ASTM F 2101-19およびヨーロッパのEN 14683:2019の附則Bに規定されたテスト手順で、5層構造のエリナム独自のオプティマル(OPTIMAL)フィルターにBFE(バクテリア(細菌)ろ過効率)試験を実施。平均値 99.9%の結果がでました。
    試験結果の詳細データはこちら>>
  • 【オプティマル フィルター】はどのようなろ過技術を使用していますか?
  • エリナムのフィルターには、2つのテクノロジーが使用されています。 1つは機械的ろ過、きつく織られたフィルターに粒子が詰まり、粒子を除く技術。2つ目は静的ろ過、帯電した物質に粒子を引き寄せ除去する技術です。この2つのテクノロジーを利用し、通気性とフィルター効率のバランスをとっています。
  • 【オプティマル フィルター】どのくらい使用できますか?
  • フィルターの寿命は、周囲の汚染レベルなどの多くの要因によって変動します。フィルターの平均使用可能時間は100時間ですが、衛生上の理由から2週間ごとに交換することをお勧めします。
  • 【オプティマル フィルター】洗濯はできますか?
  • フィルターは洗えません。これは、機械的および静的フィルタリング技術の両方を使用しているためです。フィルターを水に浸すと、静的フィルタリング効率が低下します。
  • 【オプティマル フィルター】保管方法は?
  • フィルター/マスクを使用しない時は、フィルターの非荷電や汚れを避けるため、ポーチなどに入れて保管してください。
    URBAN AIR MASK 2.0 には商品セット内に付属の収納ポーチがございますので、ご利用ください。
  • 【オプティマル フィルター】使用していないフィルターはどのくらい保存できますか?
  • フィルターは、付属の密閉された保管袋で保管され、日光から保護されている場合、最大5年間保存できます。
  • マスクの科学的な試験データはありますか?
  • エリナムのマスクは次の基準に準拠しています。
    詳しくは、エリナム本社サイトをご覧ください。
    ▼アーバンエアマスク2.0
    GB 2626-2019 KN95
    Grade B for GB/T 32610-2016
    CNS 15980

    ▼ライトエアーマスク
    GB/T 32610-2016
    UV Test - GBT18830-2009
  • マスクの適切なサイズの選び方は?
  • 適切なサイズを選んでいる場合、ノーズフォームを鼻の上であわせると、マスクの下端が顎の下に届きます。マスクが顎の下まで快適に届かない場合は、小さ過ぎてしっかりとシールドできていません。下記のサイズ選びを参考に、適切なサイズをお選びください。
    ※お顔の形状やサイズには個人差があるため、あくまで目安となります。ご了承ください。

  • マスクの適切な保管方法は?
  • 衛生状態を保つため、乾燥した状態で保管してください。マスクを極端な熱、日光、または湿度の高い環境にさらさないでください。
    アーバンエアマスク2.0には、マスク本体のセットに専用の収納ポーチがついています。保管にご利用ください。
  • マスク本体はどのくらい使用できますか?
  • マスク本体は手洗い可能で、繰り返しお使いいただくことができます。使用状況によりますが、損傷やゆるみなどがみられるようになりましたら使用を中止してください。
  • マスクでメガネが曇る場合、どうすれば良いですか?
  • 正しいサイズ調節をもう一度見直しましょう。上がノーズフォームのある面であることを確認し、ノーズブリッジと頬の間の隙間を埋めるように丁寧にノーズフォームを形成します。適切に装着すると、呼気は呼気弁を通過し、眼鏡が曇りにくくなります。
  • マスクのお手入れで、洗える部品はどれですか?
  • 下記の部品を洗うことができます。
    ▼アーバンエアマスク2.0
    ○マスク本体: 石鹸で手洗いするか、洗濯機の手洗いモードでマスク本体を洗い干してください。タンブラー乾燥は避け、洗う前に必ずフィルターとバルブを外してください。完全に乾燥してから、収納ポーチで保管してください。
    ○バルブ: 石鹸と水で洗うことができます。

    ▼ライトエアーマスク
    ○マスク本体: 石鹸で手洗いするか、洗濯機の手洗いモードでマスク本体を優しく洗い干してください。タンブラー乾燥は避け、洗う前に必ずフィルターを外してください。完全に乾燥してから保管してください。
  • MCS(化学物質過敏症)を持つ人はマスクを使用できますか?
  • 残念ながら、エリナムのマスクはMCS(化学物質過敏症)についてテストされていないため、現時点で使用をおすすめすることはできません。
  • POLYGIENE®とは何ですか?
  • Polygiene®(ポリジン)はスウェーデン発特許取得済みの抗菌防臭加工技術。環境にやさしい再生銀から作られる銀イオン(Ag+)による抗菌防臭加工技術で半永久的にバクテリアの繁殖を防ぎます。 Polygiene®加工により、アーバンエアマスクをより長く新鮮に保ち、洗浄回数を減らします。
  • POLYGIENE®は人体に危険ですか?
  • Polygiene(ポリジン)は、生地の表面でのみ作用し、汗や皮膚の自然な細菌フローラを妨げません。衣類やその他の繊維系ポリジン加工製品は、肌に触れても安全に使用できます。ポリジン粒子はナノ粒子の100倍を超えているため、大きすぎて皮膚に浸透できません。ポリジン加工された布地は、ヨーロッパで医療クラス1の承認を受けています。これは開いた傷口と直接接触する包帯などと同じクラスです。 ポリジン加工されたエリナム繊維はbluesign®(ブルーサイン)承認済みです。これは製造に必要な資源を節約し、人と環境への影響を最小限に抑える方法と材料を採用した持続可能なサプライチェーンを経た製品に付与される認証で、エリナム繊維は抗菌製品の特定の精査を含む、繊維化学品およびその製造工程のブルーサイン基準を満たしています。
  • 【URBAN AIR MASK 2.0】 組み立て、およびフィルター取り付け方法
  • 【URBAN AIR MASK 2.0】 サイズの調節方法
  • 【URBAN AIR MASK 2.0】 フィルター上の青いシリコンディスクは何ですか?
  • フィルターの青いシリコンディスクは、デュアルバルブ換気システムの重要な部分ですので、剥がさないようにご注意ください。
    息を吐くと、下の画像のように青いシリコン製のディスクが開き、暖かく湿った二酸化炭素を多く含む空気が顔とマスクの間の空間から排気されます。
    息を吸うと青いシリコンディスクが閉じられ、バルブの穴を通る空気の流れは遮断されます。
  • 【URBAN AIR MASK 2.0】 バルブ掃除の仕方
  • 使用中は外と中の温度によって湿気で水滴が付く場合があります。こまめに綿棒や柔らかい布等で拭き取ってください。
  • 【URBAN AIR MASK 2.0】ウィルスの流行下で、バルブ付きマスクは危険ですか?
  • アーバンエアマスク2.0の2つの呼気バルブは、換気システムとして機能するように設計されています。息を吸い込む際は、青いシリコンディスクが完全に閉じ、バルブを通る空気の流れが遮断され、フィルターを通した空気のみを吸うことができます。息を吐く際は、下の図のようにフィルターの青いシリコンディスクが開き、顔とマスクの間の空間に蓄積した空気の一部が呼気バルブを通じて排気され、換気できる仕組みです。



    このバルブのアイデアは、マスク着用時の息苦しさを解消し快適さを向上させるために生まれました。しかし、今回の新型コロナウィルスのようなアウトブレイク時のアーバンエアマスク2.0の着用について、バルブの効果に関する疑問が浮上しました。結論から言いますと、アーバンエアマスク2.0の着用は、自分を保護するためだけでなく、周囲の人々をも守るためにも以下の理由でマスクを着用しないよりもはるかに優れているといえます。

    まず、アーバンエアマスク2.0の場合、吐いたすべての空気が呼気バルブから排出されず、大部分の空気はフィルターを通過するため、浄化されます。また、唾液などの飛沫が空中に浮遊して空気中に広がるのを妨げます。このためマスクを着用する場合と、着用しない場合とでは、大きな違いが生じます。

    次に、当社の呼気バルブは、呼気を水平方向に外側に広げないよう特別に設計されています。呼気バルブの上のバルブキャップは、下の画像のように、呼気を側面に押し出します。これは、医師や歯科医が着用するサージカルマスクと非常によく似たロジックであり、呼気の広がりを減少することができます。



    しかしながら、これらの2つの点を念頭に置いても呼気がバルブから排出され、周囲の人々に到達する可能性があることを完全には否定できません。したがって、身を守ることだけでなく、ウィルスなどの広がりを防ぐためにマスクを着用する場合は、別売りのバルブストッパーをご購入いただくか、以下の指示と写真に従って、呼気バルブ(青いシリコンディスク)を一時的にブロックしてください。

    1. アーバンエアマスク2.0からバルブキャップを取り外します。
    2. テープを探します(薄いものであれば、どのようなものでもかまいません。下の図の例を参照してください)。
    3. このテープから約2.2 cmの四角形を切り取り、青いシリコンディスクの上にテープを置きます。
    3.a. テープが青いシリコンディスク全体を覆っていない場合は、図3.aのようにテープを2本貼ります。
    4 , 4.a テープの上からバルブのキャップをはめます。



    テープを貼り付けた際、完全に取り付けられていない場合がありますが、バルブキャップをはめ込むことで、テープを所定の位置に押し込み、バルブがブロックされ、呼気が放出されないようにすることができます。

    詳しくはAIRINUM本社サイト(英語)をご覧ください。>>